サイバーセキュリティ関連銘柄!ハイパー(3054)の立会外分売予想

2018年6月26日(火)~2018年6月29日(金)に立会外分売実施が予定されている、ハイパー(3054)の分売詳細情報です。

スポンサーリンク

ハイパーの立会外分売詳細

銘柄名ハイパー(3054)【ジャスダック】
発表日2018年6月8日(金)
分売予定日2018年6月26日(火)~2018年6月29日(金)
分売実施日
売買単位100株
申込上限100株
信用区分信用
分売枚数1,000枚(100,000株)
発行株式数比率約2.0%
分売総額1.41億円(分売発表日終値ベース)
分売価格
割引率
分売目的市場変更のための形式要件の充足

ハイパーの株式データと推移

発表日終値1,413円
発表日出来高99枚
分売前日終値
分売前日出来高
予想PER26.67倍
実績PBR2.37倍
株主優待12月末
100株以上…QUOカード1,000円分
予想配当利回り1.27%

ハイパーの業績データ

2018年12月(予想)2017年12月2016年12月
売上高(百万円)24,40022,26819,249
営業利益(百万円)

375

338192
当期利益(百万円)225203104
ROA(%)3.301.76
ROE(%)8.534.50
自己資本比率(%)37.839.8

ハイパーの立会外分売評価と予想

上場日・分売実績など

2011年9月以来の分売実施。
参考程度ですが、前回の結果(分売枚数:600枚、割引率:2.81%)は、始値±0%・終値-0.4%。、

分売目的

東証一部への市場変更を目的とした実施となっていますが、今回の分売でも時価総額要件で未達となるので、一部への昇格はまだ先となりそう。

流動性

現在の板は200枚、発表前の出来高平均は200枚程度と流動性はまずまずとある。

株価・ボラティリティ

株価は1月にサイバーセキュリティーソフト提供で2,300円まで急騰
その後は地合い悪化などもあり乱高下していますが、利益確定の売りに押されて徐々に下落しています。

PER26.67倍・PBR2.37倍の株価は、同業他社と比較して割高水準

一日に100円以上動くこともあり、ボラは大きめ。

配当金・株主優待

年間配当は1株18円で利回りは1.27%。

株主優待は12月末に100株保有で、クオカード1,000円分がもらえる。
配当と合わせたトータル利回りは1.98%

業績

今期業績は売上+9.6%・利益+10.9%と、2期連続の二けた増益となる見込み。
1Q時点の進捗率は50.1%と順調。

総合評価(立会外分売発表時点)

評価
C(5)

分売枚数は多くなく、上限一枚でまとまった売りが出にくいことはプラス要素。

サイバーセキュリティ関連株が注目されていることもあって、材料化しやすくなっています。
そのため現在もやや買われすぎの株価水準。

値動きが大きい割高株の為、現在のところ長期保有はリスクがありそうです。
現在の株価だと参加は少しリスクがあり、できれば直近安値付近まで調整してほしいところ。

参加は当日までの株価推移を見て決めたいと思いますが、このまま上がり続けるようだと無理はしないつもりでいます。

総合評価(立会外分売前日時点)

評価
(-)

実施前日に予想を追記いたします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする