【5月28日(火)~6月4日(火)実施予定】ディーエムソリューションズ(6549)の立会外分売予想

2019年5月28日(火)~2019年6月4日(火)に立会外分売実施が予定されている、ディーエムソリューションズ(6549)の分売詳細情報です。

スポンサーリンク

ディーエムソリューションズの立会外分売詳細

銘柄名ディーエムソリューションズ(6549)【ジャスダック】
業種サービス業
企業詳細DMや小型荷物の発送代行大手。一気通貫体制に強み。SEOや顧客サイトへの送客も手がける
発表日2019年5月13日(月)
分売予定日2019年5月28日(火)~2019年6月4日(火)
分売実施日
売買単位100株
申込上限100株
信用区分信用
分売枚数422枚(42,200株)
発行株式数比率約1.7%
分売総額0.68億円(分売発表日終値ベース)
分売価格
割引率
分売目的分布状況の改善、流動性の向上

ディーエムソリューションズの株式データと推移

発表日終値1,600円
発表日出来高140枚
分売前日終値
分売前日出来高
予想PER20.97倍
実績PBR2.08倍
株主優待3月末
200株以上…マヌカハニー 250g
予想配当利回り無配

ディーエムソリューションズの業績データ

2020年3月(予想)2019年3月2018年3月
売上高(百万円)12,17810,438
営業利益(百万円)291171
当期利益(百万円)191110
ROA(%)3.45
ROE(%)9.45
自己資本比率(%)37.5

ディーエムソリューションズの立会外分売評価と予想

上場日・分売実績など

2017年6月にジャスダック新規上場。
今回がはじめての分売実施となります。

分売目的

申込上限を一枚としているため、株主増加を目的とした実施だと思われます。

流動性

現在の板は200枚以上、発表前の出来高平均は50枚未満と流動性は少し低い

株価・ボラティリティ

年末年始には900円台まで売られましたが、その後は業績上方修正などの材料もあり3月末に1,700円台まで上昇しています。

PER20.97倍・PBR2.08倍の株価は、同業他社と比較してやや割高。

値幅が大きくボラティリティの高い銘柄となっています。

配当金・株主優待

年間配当は未定。

株主優待は3月末に200株以上保有かつ1年以上継続保有で、4,000円~5,000円相当のマヌカハニーがもらえる。

業績

前期業績は売上+16%・利益+73%増と、7期連続の増収・過去最高益を更新しています。
今期(20年3月期)の業績は非開示となっています。

総合評価(立会外分売発表時点)

評価
C(5)

枚数はかなり少なく、分売規模からも小型の案件と言えます。
発表翌日こそ出来高が増えていますが、普段の流動性では少し不安が残る需給

市場の地合い悪化も重なって、すでに大きく売られています。
直近安値の1,200円付近を下回るようだと、危険な水域に突入しそうです。

値動きが荒く、条件によっては売却のタイミングが難しい分売となりそう。

売り一巡後にリターンが出る可能性もありますが、当日の地合いと条件次第で結果が変わりそうなので、今のところは参加を保留とします。

総合評価(立会外分売前日時点)

評価
-(-)

立会外分売実施前日に予想を追記します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする