昇格狙いの成長期待株!テモナ(3985)の立会外分売予想

2018年5月25日(金)~2018年5月31日(木)に立会外分売実施が予定されている、テモナ(3985)の分売詳細情報です。

スポンサーリンク

テモナの立会外分売詳細

銘柄名テモナ(3985)【東証マザーズ】
発表日2018年5月9日(水)
分売予定日2018年5月25日(金)~2018年5月31日(木)
分売実施日
売買単位100株
申込上限100株
信用区分信用
分売枚数600枚(60,000株)
発行株式数比率約2.2%
分売総額2.41億円(分売発表日終値ベース)
分売価格
割引率
分売目的市場変更における形式基準の充足

テモナの株式データと推移

発表日終値4,020円
発表日出来高288枚
分売前日終値
分売前日出来高
予想PER41.53倍
実績PBR7.43倍
株主優待なし
予想配当利回り無配

テモナの業績データ

2018年9月(予想)2017年9月2016年9月
売上高(百万円)1,2031,093786
営業利益(百万円)271264128
当期利益(百万円)21716587
ROA(%)13.2713.70
ROE(%)24.8942.54
自己資本比率(%)64.230.7

テモナの立会外分売評価と予想

上場日・分売実績など

2017年4月6日に東証マザーズ上場。
今回は初の立会外分売実施。

分売目的

適正開示に記載があるとおり、東証マザーズから東証一部への市場変更を目的とした分売となっています。
しかし株主数要件等が今回の分売終了後でも未達であるため、まだまだ先の話となりそうです。

流動性

現在の板は250枚以上、発表前の出来高平均は100枚程度と流動性はそこそこ
ただ発表後は出来高が1,000枚超えるなど、流動性が高くなっています。

株価・ボラティリティ

ここ最近の株価ですが分割実施や成長期待による買いで、3月半ばに5,000円台後半を付けています。
分売発表後は、利益確定の売りに押されて急落。

PER41.53倍・PBR7.43倍の株価は、同業他社と比較して割高水準

値嵩株ですが一日に200円以上動く日も多く、ボラティリティは高い。

配当金・株主優待

配当はなし。

株主優待も創設されておりません。

業績

今期業績は売上+10.1%・利益+2.7%と堅調予想。
ここ最近の業績は順調に伸び続けており、EC支援事業で今後も期待できることから成長株としての魅力が高い。

総合評価(立会外分売発表時点)

評価
C(6)

分売枚数は少なく、流動性も問題ないことから難なく捌けるでしょう。

今後も昇格に向けて売出施策が行われそうなので、中長期保有は注意が必要。
立会外分売発表後に大きく値を下げており、この価格水準であればそれなりの買いが見込めそう。

ただボラの大きい値嵩株ですので、地合い悪化等による下落リスクには気を付けたいところ。
現在のところ参加姿勢ですが、当日までの株価推移・割引率を見て最終スタンスを決めたいと思います。

総合評価(立会外分売前日時点)

評価
(-)

実施前日に予想を追記いたします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする