市場変更狙いの実施!ピーバンドットコム(3559)の立会外分売予想

2019年8月23日(金)~2019年8月28日(水)に立会外分売実施が予定されている、ピーバンドットコム(3559)の分売詳細情報です。

スポンサーリンク

ピーバンドットコムの立会外分売詳細

銘柄名ピーバンドットコム(3559)【東証マザーズ】
業種卸売業
企業詳細サイト「P板.com」を運営。試作用プリント基板製造受託。見積もり、注文をネット上で完結。新規成長分野のIoT関連の量産受注が堅調。
発表日2019年8月9日(金)
分売予定日2019年8月23日(金)~2019年8月28日(水)
分売実施日2019年8月23日(金)
売買単位100株
申込上限100株
信用区分信用
分売枚数1,100枚(110,000株)
発行株式数比率約4.9%
分売総額1.31億円(分売発表日終値ベース)
分売価格1,069円
割引率2.99%
分売目的市場変更における形式要件の充足

ピーバンドットコムの株式データと推移

発表日終値1,192円
発表日出来高174枚
分売前日終値1,102円
分売前日出来高710枚
予想PER12.52倍
実績PBR2.60倍
株主優待なし
予想配当利回り未定

ピーバンドットコムの業績データ

2020年3月(予想)2019年3月2018年3月
売上高(百万円)2,2002,1061,995
営業利益(百万円)269297286
当期利益(百万円)213236221
ROA(%)18.7321.51
ROE(%)25.8832.22
自己資本比率(%)74.569.8

ピーバンドットコムの立会外分売評価と予想

上場日・分売実績など

2017年6月以来と2年ぶりの実施。
前回(分売枚数:1,090枚、割引率:3.04%)の結果は、始値+3.4%・終値+3.9%となっています。

分売目的

今回は東証一部昇格における要件(株主数)を満たすための分売となります。
また上位株主で26万株を保有する田中一宏氏からの売却案件でもあります。

流動性

現在の板は150枚、発表前の出来高平均は100枚程度と流動性はそこそこ。

株価・ボラティリティ

株価は半年前の1,800円付近から大きく下落しています。
7月に入って見直し買いが入りましたが、長くは続かず元の水準まで売られています。

PER12.52倍・PBR2.60倍の株価は、同業他社と比較して割高と言える。

マザーズ銘柄だけあって、値動きはかなり激しくなっています。

配当金・株主優待

年間配当は未定ですが、前期と同様(1株10円)であれば利回りは0.83%

株主優待は創設されておりません。

業績

今期業績は売上+4.5%・利益-9.4%と、増収ながら減益となる見込み。
1Q時点の利益進ちょく率は前期とほぼ同水準で発進。

総合評価(立会外分売発表時点)

評価
C(5)

実施枚数は多くないですが、発行株式約5%と重量感のある案件となります。
ここ最近の出来高(一日)は1万株を下回っていることが多く、やや物足りない水準です。

分売による需給悪化が懸念されますが、同時に株式分割(1対2)を発表しており、そこまで下落しない可能性も。
昨年末に付けた上場来安値(1,011円)付近の値決めになると、一旦の反発が期待できるかと思います。

市場変更狙いの実施はプラス要素ですが、普段の流動性から見て規模が大きい分売になります。
そのため地合いや条件によっては利益が狙えないかもしれません。

ただ分割などの買い材料はあることから、出来高が増えて条件も良ければ参加の検討をします。

総合評価(立会外分売前日時点)

評価
-(-)

立会外分売前日に予想を追記します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする